伊香保温泉×サイクリング

伊香保に泊まってサイクリング

伊香保には壮大な山々を望む絶景のコースはもちろん、クライマーを魅了する「激坂」も多数あるサイクリスト必見の場所なのですが、知名度が低い為知る人ぞ知る穴場スポットなんです!

クライマーを魅了する!6つの激坂

梨木坂(なしきざか)

伊香保を代表する激坂「梨木坂」は炭附街道の五叉路が起点で一文字通りまでの激坂です。距離は約470m。

300m付近まではそれほどでもない傾斜ですが、ラスト200mは激坂!そしてラスト30mが一番キツくなっています。

こちらの終点は当宿の入り口になっています。

ちろりん坂

炭附街道から一文字通りに上る坂道。 名前の由来は、私が生まれる前の話ですが、この通りには芸者の置屋がたくさんあって三味線などの稽古をしている音が聞こえたことから、「ちろりん村」と言われていたところからきているみたいです。

距離は約600m。 一直線ではなく多少左右に折れてたりします。傾斜は全体的にはそれほどでもないのですが、「いけや」というお蕎麦屋さん付近が一番傾斜がキツくなってます。

こちらもかみなり坂同様、終点間際が狭くなっていて、タクシー会社の車庫があり、車の出入りや一文字通りから車が入ってくるので十分な注意が必要です。
余談ですが、私は一時、毎朝このちろりん坂を走って上って出勤しておりました。毎日、腿やお尻がパンパンでした。

八千代坂(やちよざか)

伊香保温泉で一番傾斜のキツい坂です。一文字通りから一直線に約250m上る激坂で、上り始めに傾斜がキツいセクションが100m中間の50mでやや傾斜が緩みますが、後半の100mはまた激坂で、激坂のままゴール!

かみなり坂

伊香保村上線〜一文字通りにほぼ一直線に伸びている、こちらもかなり傾斜の強い坂道です。

起点はさくらい旅館とホテルニュー伊香保の間(三叉路になっているところ)で、中間点の塚越屋七兵衛を越えた辺りが一番傾斜が強くなっています。

終点間際は道が狭くなっていて、一文字通りから入ってくる車には十分注意が必要です。 距離は約350m〜360m。

弁天坂(べんてん坂)

湯沢通りと湯元通りを繋ぐ坂で、入り口にある「西澤大弁財天」という社が名前の由来になっています。

長さは約130mと短く、つづら折りになって傾斜を緩やかにしていますが、それでも自転車で上るとなるとぐっときます。

八幡坂(やわた坂)

伊香保の人たちは「武太夫坂(ブダユウザカ)」と呼んでいます。この坂沿いにあるホテル木暮の創業者木暮武太夫さんが由来でしょう。

一文字通りから「文学の小径」という公園までの約460mの激坂です。 実は私の中ではあまり傾斜が強い印象がなかったのですが、上ってみると全体的にキツいんです。

そして、やはり最後の100mが一番傾斜があります。

オススメサイクリングコース

伊香保には代表的な6つ激坂があったり、有名になりつつある「ハルヒル」は榛名湖を目指すヒルクライムレースが有名ですが、その榛名湖へ伊香保温泉方面から登る峠道があり、実はこちらの峠道はすごく眺望が良いのです!谷川連峰の平標山、仙ノ倉山まで見えます。その景色を見ながらのヒルクライムは最高です!
坂だけではない伊香保の魅力を当館若旦那が独断と偏見でオススメするサイクリングコースなど随時更新して行きたいと思っております。

若旦那のブログ「旅館ふくぜん若旦那の走る!漕ぐ!登る!」

当館の若旦那も坂をこよなく愛するサイクリスト!
若い時は特に身体を動かすことが好きではなかったのですが、年齢が上がるのに比例して身体を動かしたい欲は増していって、44歳になった今がピークなのではないかと思っております。
私は今でもランニング、ロードバイク、登山、トレイルランニング、クライミングが大好きです。
このブロクでは私が、主に地元である伊香保・榛名山で楽しめるアクティビティを載せていきたいと思います。

ココがポイント!!

大切な自転車はお部屋に持ち込めるから安心・安全♪

【サイクリスト専用】大切な相棒と宿泊!部屋へ自転車持込で安心♪便利な特典付サイクリスト歓迎プラン

坂道を登ってきたサイクリストの皆様に快適に過ごして頂けるようなプランをご用意させていただきました。自転車はお部屋に持ち込んで頂けますので、ご滞在中も安心です。

・1泊2食付き(榛名御膳)

特典:お部屋にロードバイクスタンド(ペダルで固定タイプ)用意。
空気入れ無料貸し出し
工具セット無料貸し出し
携行食1本プレゼント